Shawn Mendes & Camila Cabello / Senorita(ショーンメンデス)(カミラカベロ)

ショーンメンデスとカミラカベロのタッグで2019年大人気の「セニョリータ」。ミュージックビデオも楽曲に負けず情熱溢れる演技(本物?)で高評価を得ています。
【歌詞和訳】Shawn Mendes & Camila Cabello / Senorita(ショーンメンデス)(カミラカベロ)
I love it when you call me señorita
(あなたが私をセニョリータと呼んでくれるのが大好き)
I wish I could pretend I didn’t need ya
(あなたを欲しくないふりを出来たらよかったのに)
But every touch is ooh la la la
(でも触れられるたび あぁ)
It’s true, la la la
(それが真実)
Ooh, I should be running
(あぁ 逃げるべきなのに)
Ooh, you keep me coming for you
(あぁ あなたに引き寄せられてしまう)

Land in Miami
(マイアミの地)
The air was hot from summer rain
(夏の雨がもたらす蒸し暑い空気)
Sweat dripping off me
(汗が俺の体を滴る)
Before I even knew her name, la la la
(名前を知る前から一目見ただけで)
It felt like ooh la la la
(その感覚はまるで あぁ)
Yeah no

Sapphire moonlight
(月の光はまるでサファイア)
We danced for hours in the sand
(僕らは何時間もビーチで踊り明かした)
Tequila sunrise
(テキーラのように焼き付く陽の光)
Her body fit right in my hands, la la la
(彼女の体がぴったり僕の手にフィットする)
It felt like ooh la la la, yeah
(その感覚はまるで)

I love it when you call me señorita
(あなたが私をセニョリータと呼んでくれるのが大好き)
I wish I could pretend I didn’t need ya
(あなたを欲しくないふりを出来たらよかったのに)
But every touch is ooh la la la
(でも触れられるたび あぁ)
It’s true, la la la
(それが真実)
Ooh, I should be running
(あぁ 逃げるべきなのに)

Ooh, you know I love it when you call me señorita
(あぁ わかるでしょ あなたが私をセニョリータと呼んでくれるのが大好き)
I wish it wasn’t so damn hard to leave you
(あなたから離れるのがこんなに辛くなれけばいいのに)
But every touch is ooh la la la
(でも触れられるたび あぁ)
It’s true, la la la
(それが真実)
Ooh, I should be running
(あぁ 逃げるべきなのに)
Ooh, you keep me coming for you
(あぁ あなたに引き寄せられてしまう)

Locked in the hotel
(ホテルの部屋に閉じこもっても)
There’s just some things that never change
(変わることのない想いがつきまとう)
You say we’re just friends
(「友達だ」ってあなたは言った)
But friends don’t know the way you taste, la la la
(でも友達ならあなたの味を知らないはずよね)
‘Cause you know it’s been a long time coming
(この長い時が来ることを分かってたのに)
Don’t you let me fall
(私をガッカリさせないでちょうだい)

Ooh, when your lips undress me
(あぁ あなたの唇が私の身ぐるみを剥いで)
Hooked on your tongue
(あなたの舌の愛撫に夢中になる)
Ooh love, your kiss is deadly
(あぁ 愛してる あなたのキスに狂わされる)
Don’t stop
(やめないで)

I love it when you call me señorita
(あなたが私をセニョリータと呼んでくれるのが大好き)
I wish I could pretend I didn’t need ya
(あなたを欲しくないふりを出来たらよかったのに)
But every touch is ooh la la la
(でも触れられるたび あぁ)
It’s true, la la la
(それが真実)
Ooh, I should be running
(あぁ 逃げるべきなのに)

Ooh, you know I love it when you call me señorita
(あぁ わかるでしょ あなたが私をセニョリータと呼んでくれるのが大好き)
I wish it wasn’t so damn hard to leave you
(あなたから離れるのがこんなに辛くなれけばいいのに)
But every touch is ooh la la la
(でも触れられるたび あぁ)
It’s true, la la la
(それが真実)
Ooh, I should be running
(あぁ 逃げるべきなのに)
Ooh, you keep me coming for you
(あぁ あなたに引き寄せられてしまう)

All along I’ve been coming for you
(始めからあなたのもとに向かっていた)
And I hope it meant something to you
(それがあなたに何か意味をもたらすことを願うわ)
Call my name, I’ll be coming for you
(私の名前を呼んで あなたのもとへ行くから)
Coming for you, coming for you, coming for you
(あなたのもとへ)
For you (ooh, she loves it when I come)
(あなたのもとへ(彼女は僕が会いに来るのが大好き))
For you
(あなたのもとへ)
Ooh, I should be running
(あぁ 逃げるべきなのに)
Ooh, you keep me coming for you

(あぁ あなたに引き寄せられてしまう)